セックスレスの若妻とスカイプでオナニー見せ合い

きいちさん(29歳 男性 神奈川 飲食店店員)から投稿いただいたTV電話でのおいしいエロ体験談です。

飲食店でアルバイトをしていたきいちさんは、好意を寄せていた年上女性の同僚から居酒屋デートに誘われます。
デート中に彼女が既婚者だと知り一旦は意気消沈しますが、ご主人とはセックスレスという彼女は大胆に誘ってきます。
そして、その日のうちにラブホテルでセックスしまくり、その後もテレビ電話でテレHする仲になったのでした。

若妻が疑似フェラ
若妻が疑似フェラ

セックスレスの若妻と、スカイプでエッチなテレビ電話をしたことがあります。

今の俺の年齢は29歳で、飲食店の社員をやっていますが3年前はまだアルバイトでした。

相手の若妻は今32歳で、当時俺が勤める飲食店でアルバイトをしていました。

同じバイト同士、ちょっとかわいい同僚女性がいるなと気になっていたんです。

セックスレスの若妻とやりまくり

その同僚女性は俺の好意的な視線に気づいて、あっちから2人で居酒屋デートをする誘いをしてきました。

そして、お酒を飲んでいる時の会話で、その同僚女性が既婚者だと聞いてショックを受けてしまいました。

これはデートじゃなくて、単なる同僚との飲みだったんだなと思ったら、相手が俺を見つめて誘ってきます。

そのとき気づいたのが、俺は年上女性から好かれやすいことです。

俺が童顔だからなのか、年上女性が好きな雰囲気なのかは不明ですが、俺の性欲はスパークしました。

居酒屋を出た後で、ラブホテルに直行して、すぐにセックスしまくりました。

その女性は若妻という感じなのですが、旦那とはセックスレスだと聞いたので、ラブホテルではたっぷりセックスしました。

その後、若妻とはLINEでよく連絡を取るようになりました。

LINEでは相変わらずセックスレスだと言っているので、地元から離れたところで密会して、ラブホに行っていました。

これは不倫で浮気になるのですが、若妻の溜まった性欲が凄かったので、罪悪感よりもセックスに夢中になっていました。

しかし、若妻は旦那と同居していますから、そう頻繁には密会できません。

性欲が溜まっては、たまの密会で激しいセックスで満たされるといった感じでした。

会えない時間はテレビ電話でテレH

するとある時、若妻がスカイプで会話をしてみようと言ってきました。

スカイプはよく知らなかったのですが、テレビ電話ということでさっそく使ってみました。

スカイプを立ち上げると、若妻の顔がスマホの画面に写っています。

「おお、これはいいな。お互いの顔が見られる」と思っていたら、若妻は上着を脱いでいきなりおっぱいを見せてきました。

「今自宅?旦那いるんじゃないの?」

と言うと、

「今日は帰りが遅いからもう我慢できない」

なんて言います。

おっぱいは普通レベルの大きさですが、乳首がピンピン立ちです。

旦那とレスになる前は、おっぱいを毎日吸われまくっていたそうです。

すると、若妻はスカートの股間にカメラを移動して、いきなり濡れ濡れのあそこを見せてきました。

どうやら、スカイプやる前からムラムラしていたようで、ノーブラノーパンでいたようです。

スマホのライトをつけているのか、あそこのマン汁がキラキラ光っています。

俺はお返しにズボンを少し脱いでペニスを若妻に見せました。

見せ合いで、すでに俺のペニスは勃起して興奮しています。

「もうカチカチじゃん、いつも硬くなるの早いよね、私も濡れてる」

そう言いながら、指で自分のあそこをクチュクチュと音を立てて、いじり出しました。

スマホのマイクから、若妻のマン汁のクチュクチュ音がしてきます。

俺はすぐにスマホへイヤホンを繋ぎました。

すげえリアルな若妻のあそこのクチュクチュ音が聞こえます。

ディルド使いの若妻がエロすぎる

すると若妻は

「フェラしてあげるね」

と言って、ディルドを出してきました。

ラブホで、いろいろ大人のおもちゃを使っていたのですが、若妻は特にディルドが気に入って、自分でも購入していました。

若妻はディルドをくわえると、よだれを垂らして、べちょべちょ音をたてて、しゃぶり出しました。

「私のフェラしているとこ想像して」

と言っていますが、若妻はフェラが得意なので、俺は何度かフェラだけで射精したことがありました。

若妻のフェラを思い出して興奮したので、俺はペニスをスマホのカメラにアップで撮影しながら、シコシコしごいていました。

俺のペニスを見て若妻は、かなり息遣いが激しくなりました。

右手でディルドを持って、擬似フェラをしていますが、どうも左手で手マンオナニーをしているようです。

もう俺は、いきたくなってきたので、

「オナニーアップで見せて!」

と言いました。

若妻のあそこは、陰毛も濡れるぐらいグチョグチョな感じでした。

よく見ると手マンというより、指入れオナニーをしていて、マン汁を垂らしながら、膣穴から指の出し入れをしています。

指の動きはかなり激しく、マン汁は白濁状態になっていました。

俺は若妻の白濁マン汁を、前にも見たことを思い出していました。

そして白濁マン汁の少し酸っぱい匂いが蘇ったとたん、俺はイッてしまいました。

勢い余ってスマホの画面に精液がかかってしまいました。

それを見た若妻は

「はああ!」

と声を発し、指から白濁マン汁が糸を引いたまま、のけぞった姿でイキました。

スマホの画面は後でしっかり掃除しておきましたよ。

それから3年ぐらい経ち、俺はフリーターから社員になりましたが、若妻は旦那の仕事の都合で引っ越していきました。

若妻からLINEがあり、引っ越しを機に不倫、浮気を終わりにしようということになりました。

若妻は、今もどこかの飲食店で働いているようです。

それから更にしばらくしてから若妻が、ディルドオナニーしているところを旦那に見られてしまったと報告してきました。

しかも、オナニーを見た旦那が興奮して、セックスレスが解消したとのことです。

俺としては、ハッピーエンドにしておきます。


ずぶずぶの不倫相手とあらためてスカイプでテレビ電話エッチをするのも興奮しますね。
実際にセックスした時の感覚を思い出しながらの相互オナニーは格別でしょう。
若妻は引っ越して関係は終了してしまったそうですし、セックスレスも解消されたとのことですからきいちさんの出番はもうなさそうですが、
もしまた…という時は遠距離でもテレビ電話エッチなら楽しむことができますからまたするのもお勧めですよ。


PAGE TOP