幼馴染と間違えて出会った同姓同名の彼とのテレビ電話H

あいこさん(37歳 女性 兵庫県 保育士パート)から投稿いただいたTV電話でのおいしいエロ体験談です。

あいこさんは人違いで送ったLINEがきっかけで男性と知り合いました。
写真を送ってもらうとイケメンだったのでそのままやりとりは続くことに。
ある日離婚したという彼を慰めるためにテレビ電話をしていると…

バイブで気持ち良くなる

私はは37歳で保育士としてパートで働いています。

3歳上の主人とは10年ほどセックスレスが続いているため、LINEやスマホアプリで様々な出会いを求め続けています。

最近、LINEでとても気の合う5歳年上の遥斗(仮名)という男性と出会いました。

彼との出会いはとても偶然であり、たまたま私のおすすめに出てきたアカウントでした。

たまたま幼馴染の男の子と全く同じ名前だったこともあり、私は彼のアカウントを友達に追加して自分のことを覚えているかとLINEを送ると、全然話が噛み合わなく人違いだいうことがわかりました。

間違えたことを謝罪して、友達アカウントを消去しようとした所、遥斗からせっかくなのでこの一期一会の出会いを大切にしましょうというLINEがきたのです。

私は、少しびっくりしましたが試しに遥斗の顔を見てみたいとLINEを送ると、写メを送ってくれて、その写メをみるととてもカッコよく私のタイプだったので、このままやり取りを続けることにしたのです。

遥斗は、大手の車メーカーの営業マンで身なりもお洒落でお喋りもうまく、私はいつの間にか遥斗とのLINEのやりとりがすごく楽しみなものになっていました。

テレビ電話中にHを誘われました

ある時、遥斗から奥さんから離婚を言い渡されたという話を聞き、私はその日から遥斗の愚痴を聞いたり慰めたりするようになったのです。

しばらくはLINEでのメッセージのやりとりだったのですが、私の主人が出張のタイミングで、彼からLINEでテレビ電話をしたいと言われて、私も寂しかったこともありそれをオッケーしました。

遥斗は声もすごくダンディでカッコよくて、私は久しぶりにドキドキして照れながら話をした。

遥斗も私のことを女性としてとても褒めてくれたので、とても気分も良くなり「エッチとか最近どうしてる?セックスレスで欲求不満なら俺と一緒にテレフォンHでもしない?」と言われたのです。

急なことで驚きましたが、ちょうど排卵日でムラムラしてたこともあり、私は自分からブラウスのボタンを外してブラジャーを出し、遥斗におっぱいを見せてあげました。

遥斗は「綺麗なおっぱいやん、触ってみてよ?どう?ゆっくりでいいから声聞かせてよ」

と言われ、私は自分のおっぱいを遥斗に見せつけるように触り「あんっあっあっあんっ」

と言うと、「可愛いよ」と絶賛してくれました。

時間があるときはLINE電話でエッチなことをしています

遥斗にもっと喜んでもらいたいと考えた私は、バイブを持ってきて乳首にあてて刺激し「ハァハァハァ」と息遣いを荒くしながら、自分のパンツをゆっくり脱ぎ、画面向こうの遥斗に向かって足を広げて、おりものと愛液でトロトロのオマンコを見せてあげました。

「今まで見たことないくらい濡れてるよ。オマンコのぱっくりと割れた所からクリトリスも見えてて、今までで1番エロいオマンコやわ」といってくれたのです。

私は、乳首に当てていたバイブをクリトリスにあてて、左手でオマンコを広げ、しっかりとクリトリスが見えるようにしました。

「あっあっん〜」と言いながら、私の身体はビクビクっと震えて、イッてしまいそうなくらい気持ちよくなりました。

遥斗が「このおちんちんをそのオマンコに突撃したい」

と言い、私におちんちんを見せてくれたのですが、少し黒ずんでいて我慢汁が垂れ、そそられるような素敵なおちんちんだったのです。

私が「もうちょうだい、遥斗のおちんちんちょうだい」

と言うと、

「僕のおちんちんを想像しながら指を1本いれてみて」

と言われました。

「もっと挿れて欲しいよ、遥斗〜」

と言い、私は自分の指を3本オマンコに挿れました。

さすがに3本挿れると、オマンコの中がすごくキツく、私のオマンコがギュッと指を締め付けるのです。

「遥斗の大きいからキツイよ、すぐイッちゃいそう」

と言うと、「一緒にイこうか」

と言ってくれ、私達はお互いを想像しながらオマンコとおちんちんを気持ちよくなろうとたくさんいじめました。

だんだんと何も考えられなくなるほど気持ちよくなってきて「遥斗イキそう」

と言うと、

「僕も」

と言い、二人揃って言ってしまったのです。

その日から私と遥斗は、時間がある時を見つけては、LINE電話でエッチな事をして、人の温かさを感じながら欲求不満を解消できて、大満足しています。


あいこさん投稿ありがとうございます。
幼馴染と同姓同名の男性との出会い、とても運命的ですね。
誘ってきたのは相手も運命的だと感じていたのかもしれませんね。
ネットでの出会いは一度切ると会えない可能性が高いため一期一会を大切にしましょう。



PAGE TOP