隣の部屋からライブチャットをしている声が聞こえてきた

M月さん(26歳 男性 群馬県 派遣社員)から投稿いただいたTV電話でのおいしいエロ体験談です。

M月さんは家のアパートの壁が薄く、音が気になってオナニーもやりにくい状態なのでよく試写室を利用していました。
ある日また試写室に行くとそこもまた、隣の部屋から音が聞こえる場所で、隣の男性の声が聞こえてきました。
どうやらその男性はライブチャットをしているようなのですが・・。
隣の部屋からライブチャットをしている声が・・
隣の部屋からライブチャットをしている声が・・

もう3年位前の話です。

当時、僕はひとり暮らしで彼女もいなかったので、風俗やアダルトビデオで性欲を満たしていました。

壁の薄いアパートで音が気になっていました

家でビデオを見ながらオナニーもしていましたが、ボロアパートなのでイヤホンは必須でした。

隣の住人が部屋にいる時は、ティッシュを取る音が聞こえやしないかなど、気になって仕方がなかったです。

その位、壁が薄く、音が筒抜けのアパートだったのです。

なので月に1~2度ビデオ試写室のオールナイトコースで、周りを気にせず思いっきり性欲を発散していました。

店によっては、部屋が完全防音じゃない所もあり、隣の部屋からビデオの喘ぎ声が洩れてきたりしていましたが、オナニーしに行く場所だと割り切っていたので、別に気にもなりませんでした。

ビデオを選んで受付をする時に、毎回フロントの人に、ライブチャットやツーショットダイヤルなどのカードを勧められていましたが、1度も利用した事はありませんでした。

隣の部屋の男性がライブチャットを

金曜日の夜でした。

繁華街にある試写室に行き、オールナイトコースで入り、1本目のビデオを観終わってイヤホンを外した時です、隣の部屋に誰かが入室しました。

その試写室はまだ完全防音の部屋ではなかったので、イヤホンをしていなかったら、隣の部屋のガサガサする音などは聞こえてくるのです。

別に気にもなりませんでしたが、3分後位に隣の部屋のオッサンらしき人の声が聞こえて来たのです。

携帯で話しているのかな?と思いましたが、すぐにライブチャットだと分かりました。

試写室備え付けのライブチャットカメラの向きを「これでいい?」みたいな感じで相手に聞いている会話だったからです。

僕の部屋にも、もちろんライブチャット用の小型カメラが付いていたので、すぐに意味が理解できました。

ライブチャット相手の女性と会うらしい

オッサンがおそらく酔っぱらっていて、声が大きかった事もあり、自己紹介をしているのも聞こえて来ました。

エロい会話を求めているというより、今から会いたいというような会話でした。

僕は会話が気になったので、ビデオを流したまま、イヤホンはしないで、隣のおっさんの会話を聞いているような感じでした。

1時間以上話していて、途中2回追加のカードを購入したようで、オッサンの部屋に2回フロントの人がカードを届けにきました。

お金をつぎ込んだ甲斐あってか、オッサンは会える約束を取り付けたような感じになり、深夜に退室しました。

結局、声だけしか聞こえず、オッサンの容姿がどうだったのかは分かりませんが、オッサンがライブチャットで会える約束を取り付けたのは、事実でした。

深夜2時頃、オッサンは相手に会えて、今頃色々いい事をしているのだろうか?などと想像し、オッサンを自分に当てはめて抜いてしまいました。

20回以上は行っている試写室ですが、そういうリアルな会話が聞こえてきたのは初めてでした。

それ以来、自分もライブチャットが気になるし、店員のカードの勧めも気になります。

いつか僕もライブチャットにチャレンジしてみたいです。


M月さん投稿ありがとうございます!
隣の男性はチャットレディと会ってセックスできたんでしょうね。
しかもライブチャットには顔出ししているカワイイ子が多いですから、きっとカワイイ子なのではないでしょうか。
M月さんも是非ライブチャットを試してみては?
会うとまではいかなくともテレビ電話エッチをするのは普段のオナニーと違って興奮しますよ。

PAGE TOP