男勝りな性欲を持つ元カノからテレビ電話に誘われた

にゃんこ先生さん(32歳 男性 和歌山県 会社員)から投稿いただいたTV電話でのおいしいエロ体験談です。

にゃんこ先生さんは和歌山に住む32歳の会社員です。
付き合っている女性はいますが、性欲はおとなしめ。
そんな彼女さんに少し不満を感じていたところ、性欲モンスター女子の元カノから連絡がありセフレの関係が始まります。

性欲の強いセフレとテレビ電話エッチ
性欲の強いセフレとテレビ電話エッチ

私は32歳の独身男性で、一人暮らしをしています。

和歌山県在住で会社員をしており、ちゃんと恋人もいます。

でも恋人は性欲があまりないタイプで、エッチまで持ち込むのに毎回苦労していました。

彼女いるけど元カノともセフレに

そんな不満を感じている時に元カノから連絡があり、エッチ好きだった元カノと関係を持つことに。

気づけば元カノとは週一ペースで会うようになり、セフレになってました。

元カノは以前マッチングアプリで知り合った娘で、年齢は私より6歳年下の26歳。

見た目はお笑い芸人のゆりやん・レトリバーを標準体型にした感じです。

アパレルショップで働いており、週末は休めず、休みは平日。

私が彼女と逢うのは週末なので、平日会える元カノは都合の良い女性でした。

元カノは私の彼女とは正反対で、ものすごく性欲が強いんです。

エッチを開始する時は、元カノが私の服を脱がしに来てスタートという感じです。

また私が射精してしまうと、まるで男性のように素面に戻ります。

私は一回当たりは長い代わり、連戦は出来ない体質。

ですので出してしまうと次はない・・と元カノは服を着て帰り支度を始めます。

ほんと、性欲に関しては男性顔負け。

性欲モンスター女子とは元カノのこと

そんな元カノから、ある日電話エッチに誘われました。

キッカケとなったのは、元カノのドタキャンです。

その日は私の仕事が終わったら元カノと逢う事になってたんですけど、元カノは体調を崩してドタキャンしてきたんです。

まあ人間体調の良い時もあれば悪い時もあって当然。

なので私は怒らず、今日は自宅でのんびり療養してねって返事を送り、自宅でくつろいでいました。

のんびりテレビを観てるうちに23時を回り、お風呂から出てそろそろ寝るか~という時に元カノからLINEが入ったんです。

体調が戻って暇になったと。

それに今日はずっと寝てたから、全然眠れない。だから構って~と。

面倒だけど、ここで愛想良く対応しておかないと今後に響くかもしれません。

そう思って元カノのLINEに付き合っていると、今何してたの?と聞かれました。

今お風呂から出たとこで、上半身はハダカ!と伝えます。

すると元カノから見たい~とせがまれたので、LINEをビデオ通話モードへと切り替えました。

私は特にイケメンでもないし、筋肉質でもありません。

でも元カノからすると私の鎖骨付近が興奮するらしく、胸から顔にかけて映してほしいってお願いされました。

一通り見せたので、そろそろ電話を切っていい?と元カノに尋ねます。

すると元カノの様子が変なんです。

目つきがエロい事を考えてる時になっているとでもいいましょうか。

ああ、こいつ今絶対サカってるわ~ってわかりました。

この予想は当たっており、元カノからこのまましてもいい?と聞かれました。

ウン、いいよって答えると、元カノの目つきはますますエロくなり、焦点も合わないように。

その頃から元カノがたまに目を瞑るようになり、声が漏れだしました。

そう、本当に元カノはオナニーし始めたのです。

元カノから電話エッチに誘われて

この日の私は元カノとエッチする予定だったので、数日前からオナ禁をして性欲を高めていました。

そんな私が元カノのオナニーする場面をみて、興奮しないはずがありません。

気づけば私の愚息は堅くなっており、

「感じてる声聞いてたら、堅くなっちゃった」

と伝えます。

すると元カノは嬉しそうに

「ほんと?私で興奮してくれてる?私もするから〇〇くんもして」

と私にささやき、電話エッチが本格的に始まりました。

「触ってるとこみせて」

とお願いすると、元カノはスマホを下半身へ向けます。

パンティーこそ履いているものの、指先は下着の中に入っていて巧みに動いていました。

パンティーを履いていても、元カノの指が器用に動いているのはわかります。

私よりも上手に、そして艶めかしく。

一目で元カノは普段からオナニーしまくってるってわかりましたし、それが私を昂らせました。

「そのままオマンコに指入れてみて」

とお願いすると、元カノは指を入れて激しく出し入れします。

それと同時に

「ア・・〇〇くんに見られてるって思うと・・アン・・すごく興奮する」

と元カノは言います。

話し方から完全に出来上がっているのがわかりました。

私も調子に乗って元カノに指示していきました。

途中私のオナニーシーンを元カノに見せるという場面もありましたが、それはそれで元カノ的にはOKだったようです。

正直見せるのは恥ずかしかったんですけど、

「すごい・・そんなに大きくなってる・・」

と嬉しそうにつぶやいていました。

結局私が射精してしまい、これでお開きに。

いつも私がイクと元カノは賢者モードになりますから(男女逆ですよねほんと)。

この日は元カノと逢うことはありませんでしたが、電話エッチでお互いスッキリしました。

この日以降、元カノと逢えなかった日は電話エッチで満足させるようにしています。


にゃんこ先生さん投稿ありがとうございます!
彼女とは別に性欲の強いセフレがいるって良いですね!
女性にとっても実は男性の肉体や自慰行為を見るのは興奮するものなんですよ。
会えなくてもテレビ電話エッチなら体やオナニーは見れますからね。
きっと性欲が薄い彼女さんは電話エッチなんてもってのほかでしょうし、セフレとガンガン楽しんでしまいましょう。


PAGE TOP